前世の記憶   

昨夜、まじめなテレビ番組で、幼児が3歳位までは、自分の前世の人間の記憶を語る。という内容が特集されていた。
理論的な、脳神経専門の学者たちの研究をもとに。
詳しい内容を、再度私が説明するのは、難しい。
でも、理解できる部分はある。
私は、今の私の肉体を授かった時に、その誕生前に生きていた人の何かを受け継いでいる気がする。

他の人は信じるかどうかは別として、
見えない何か、誰かに、日々の原動力をいただいているような気がすることがある。

「気がする」だけで、何の根拠もない。

以前、福山雅治の坂本龍馬伝をテレビで見て、きっとこの時代なら、私は海援隊に入っていた。
と思う自分がいる。

何気なく、集めたアクセサリーや布モノが、東南アジアのものばかり。西洋文化を身につけることがない。

姓名判断や手相占いをしてもらうことがある。

今まで、前世はどんな人?と聞きて、二つの人物が出てきた。

小さな国の王様。肌が少し黒い男性。国民がいきいきと輝くためには、どうしたら良いかを考えていた人。
あと一人は、病弱で、自分が何もできなかったので、周りの人の応援をしていた人。

これを信じる、信じないと判断するより、納得してしまった。

だからと言って、知ったことで何が変わるわけではないけど。

もし、この世での自分の行動、発言、暮らし方に悩みがあるのなら、「過去の見えない力」の影響も
受けているのかもしれない。

なんて・・・。

前世も来世も自分で選択できるものではない。

でも、「生き方」は、日々の自分の想いで進めることは出来る。
自分のものさしで計りながら。

他人には他人の人生のものさしがある。

今、今日を、明日を明るく生き抜くことが、大切な気がする。
[PR]

by k2kikiya | 2014-04-14 08:33 | ひと

<< 原点に戻る! 私の活きる道 >>