赤っ恥の小話   

今朝、運転中にラジオから流れた「炭鉱節」のボサノバ風アレンジの歌。
[月が出た、出た♪♪♪]
の歌詞を軽やかに女性の澄んだ声で歌っている。

思い出した!
「炭鉱節」の赤っ恥。

10代の頃、大分の竹田城あとへ友人達とドライブ。
その場所に流れる音楽。
「荒城の月」

「炭鉱節」と「荒城の月」どちらも知ってる方は、私が間違った理由が分からないでしょうね。

ある人との会話
「荒城の月」が流れているね。こんなところで聴くと趣きがあるね。

「こうじょうのつき?あ~!工場の月ね。月が出た出た!月がでた!よいよい。ね」
ある人
「・・・・・・・・」

なぜが、私は、荒城を工場、工場と煙突とイメージして、炭鉱節を瞬時にインプットしてしまった。

遠い昔の、ばか丸出し。赤っ恥の小話でした。^0^
[PR]

by k2kikiya | 2014-04-07 14:42 | ひと | Comments(0)

<< 成長の春 草心流の花あしらい >>