犬も人間も命ある限り楽しく!   

今日、山鹿のデイケア―「来民の実家」にお邪魔しました。
介護防止のためのデイケアー。
f0031420_17285199.jpg

今日は、利用者もスタッフの方も一緒に、餅つくりをされていました。
出来ることは、楽しく自分達でやる!この姿勢は大切ですね。
利用者の方に珈琲豆をひいて頂き、美味しい珈琲とあん餅をいただき、美味しかった。
そして、
私の娘と施設の娘さんのご対面がありました。
f0031420_17341043.jpg

いつも、山でひとり留守番の娘は、同じシーズ犬のお姉さんとの対面に興奮。
ジルが13歳。お姉さんは15歳。
共に病気を克服して今があります。
f0031420_17373261.jpg

シーズのお姉さんは左目の眼球を摘出。
我が家の娘はリュウマチで前足は曲がり、心臓病で、いつ発作を起こしてもおかしくないと病院で言われています。
でも、今は元気。

犬も人間も、命ある限り、楽しく生き抜きたいものですね。

「来民の実家」みたいな、ほのぼのとした施設が、熊本市内の中心部に出来ればいいのにな」と思いました。
親の介護をした経験者としては、自分の子供に介護できつい思いはさせたくないと思います。

ぴんぴんころりを目標に、一日、一日を楽しみたい。
[PR]

by k2kikiya | 2013-12-26 18:02 | Comments(0)

<< あきない計画2014 おひとりさまのクリスマスイブ >>