暮らしの中の手仕事   

今日お伺いしたN邸には私の憧れの暮らしがありました。
3世代が仲良く暮らしていらっしゃるのですが、奥様とご主人、そしてお母様。
それぞれに手先が器用。
奥様はフェルトでバックやポシェットを作ったり、ご主人はテレビ台やキッチンカウンター、本棚まで作られました。
そしてお母様はほうき、かご、わらじ、その他使わなくなったネクタイでポーチを作ったり。
ご家族の温かさが暮らしの中に現れていました。(そう感じたのです)
プリンターの調子が悪くて写真が載せられませんでした。
残念です。素敵な手仕事を紹介できたのに。
次回訪問時にまた写真写させてください。お願いします。

今私が考えていること。
1週間にひとり素敵な人と出会えたら3年間で150人くらいの方と新しいお付き合いができることになります。
酒楽処「OKIRAKU」にもこれまでの友人達以外に多くの方をお誘いすることができる。
楽しいな!
と、ほんとにお気楽なことを考えています。
N家の皆様も沖縄つながり、家づくりつながりでこれからも大切にしたいご家族です。

N様、今年の秋、ホームギャラリーが出来るといいですね。
これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-05-09 23:05 | ひと | Comments(0)

<< 生きる ~今~ >>