何かを求めて・・・。   

本を読んだり、人と出会ったり、ものに魅せられたりしながら、私は人生を進んでいます。
細くなったり、曲がりくねったり、大波にのまれたリ、、太陽の光に導かれたりしながら、長いのか、短いのか、考える余裕もなく・・・。

私は「この人」「この場所」と自分の五感に響く時、必ず会って話したい!行ってみたい!と思います。
そう
今回は島根県の大田町大森町へ行ってきました。
一泊二日の旅でしたが、濃厚な時間でした。

大田町には株式会社石見銀山生活文化研究所があります。(色字クリック)
数年前、熊本市内の百貨店に「群言堂」のブランド名で女性用の洋服コーナーがありました。今もありますが。
洋服もフリーサイズの素材の良さを活かした着やすそうなものでしたが、私が心惹かれたのは、小物たちです。和柄の紙ナプキンや土鈴の人形、可愛い箸袋セットなど、和の素朴な小物たち。
どこで創っているんだろうと調べると、島根県の田舎の町です。

決してモダンな和ではなく、民芸品と工芸品をミックスしたような素朴さに魅かれました。

それから、その会社を立ち上げた時のことを書いた本を読み、そのご夫婦に魅かれました。

でも、その気持ちはしばらくすると静まり、いつもの日々に。

そして、築百年の町屋を「再生と進化」をテーマにオープンして、二年が過ぎ、シャワー通りのギャラリー名をライゼ「スペイン語で根」という名前にしたことも含めて、これからの私の進む道を考えていたら、自分の本棚に置いた「根のある暮らし・群言堂」が目に入って来ました。

何だか急に気になって、
「島根に行こう!」となりました。
f0031420_14544180.jpg

島根行は2回目、飛行機は初。
f0031420_1456969.jpg

ヤマタノオロチが迎えてくれました。何だかこれも縁かな?

想いはいっぱいありますが、少しずつ書いていきます。

続きは明日。
[PR]

by k2kikiya | 2013-12-05 14:57 | ひと | Comments(0)

<< ばかもんの大先輩 人財 >>