僕らのサッチー!   

仕事仲間と、「モラルとルール」について雑談していた。
組織でも、サークル活動でも、長く同じメンバーが同じポジションにいると、「慣れと自己都合」のもとに「モラルとルール」のカタチが変形してくる気がする。
そんな話の中で

「個人的な仕事のやり方を指摘すると、弱い者いじめみたいに見えるので、どうしたものか?改善策はないのかな?」と私の発言に
仲間Kが
「大丈夫!東さんより弱い人が周りには95%いるから、どんな発言をしても、東さんは弱い者いじめになる。君は僕らのサッチ―だから。」と笑って答えた。

おとなのジョークがうまい彼の表現に

「は~?私は野村幸代?!」と驚いた。

そうなんだ。
みんなはそう感じてたのか・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2013-11-03 08:07 | ひと | Comments(0)

<< どちらが孤独? 昭和歌謡の女 >>