人生の歩き方   

器季家カフェが「地球の歩き方」という本に取材を受けました。
小さな枠でしょうけど、外国の方に器季家カフェが紹介できるのは嬉しいことです。

そして、私は「人生の歩き方」を考えます。
あるご婦人が、「55歳から65歳は愉しいわよ!まだ体力気力もあり、自分らしく生きていける年齢なんだから」とおっしゃいました。

私も今実感しています。
自分のこれからの人生の歩き方。コツコツと蓄えてきた生きる力を、自分の心に嘘をつかずに素直に表現し、行動できるのがこれからだと思っています。

連休の三日間、友人の書道家しゅんけいさんが、作品展を知人の個人宅で開催していました。
f0031420_3191093.jpg

ひとつのことを続ける。
大変なことです。紆余曲折の日々もあるでしょう。
でも、「楽天知命」の50代を、彼女が自分らしく生きてる姿をまぶしく感じました。

人は、必ず自分のステージを持っていると思います。
それが、華やかなスポットライトを浴びる場所か、そうでないかの問題ではなく、自分をきちんと受け止めて、自分らしく活きる場所なのか?!が確信出来たら、最高に幸せです。

お金があっても不幸な人。

宝石を身につけなくても、輝いている人。

人の視線を気にして動けない人。

自分の気持ちに忠実に躍動している人。

せっかく、この世に生を授かって、「人生を歩く」をあと何十年と続けることが出来るのなら、時間の無駄遣いはしたくない。

スピードは、その時々。
高速、牛歩、小走り、その場で足踏み、たまには止まる。
自分の心や体に合わせたリズムで、前を向いて歩きたい。

決して、後ろを振り向きながら、「後悔と愚痴」の歩きはしない!

これが出来たら、人生はバラ色!!!
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-15 03:16 | ひと | Comments(0)

<< 果樹園付の家 熊本のみずあかり >>