ワガママナワタシ     

「ワガママナワタシ」
これを意味として書くと、我が有るがままの私。となります。
自分らしく生きる。
これが「ワガママナワタシ」

最近、憧れの人の訃報を知りました。
まだお会いしたことはありませんでしたが、いつか彼に会いに行くつもりでした。
私にとって、「会う」という行為は人生の道しるべになるのです。

私が以前憧れていた、ナガオカケンメイさんも、この彼に出会ったことを「共感」としてコメントされていて、「やっぱり繋がっている」と勝手に妄想の中で確信していました。

その憧れの人は、「馬場浩史さん」スターネットの代表です。
8年前位に住宅雑誌で彼のこと、スターネットのことを知りました。

南阿蘇の山の中での暮らしも、彼への憧れが強い支えになっていました。

年齢は私よりひとつ下。55歳で永眠されました。
早すぎます。
でも、彼はこの世でなすべきこと。繋ぐこと。をちゃんとやり遂げて、天国へ行かれたのかもしれません。

私の楽しみが、ひとつなくなりました。
馬場さんと会って話がしたい。

もっと早くこれを実行するべきだったと後悔もします。

これからの人生への教訓。

会いたい人には会い、行きたい所へは行き、やりたいことはやる。

それを先延ばしにしない「ワガママナワタシ」でいること。

馬場浩史さん 、スターネット 色字クリックで!素敵です。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-01 07:35 | ひと

<< 空 不動明王 >>