自分にファイト!   

[頑張ります!は、傍迷惑]
と息子のリトルリーグ時代の鬼監督がよく言っていた。
げんこつで小学生の息子の頬を殴っていた監督。今考えれば、あれは暴力以外なにものでもない。
その当時の私には、その行為をどうすることもできなかった。
スポーツの世界は、指導なのか暴力なのかの境が分からない。
いつも試合中、心の中で「ファイト!」と息子を見ながら呟いていた。

そして、今の私の仕事。
家創りには多くの人達の力が必要。
全体を見ながら、工事が順調に進んでいるか見守る。
そんな時、自分は一生懸命です。と言い切っても、工事が完成して、お客様が満足しなければ、自己満足でしかないのです。
工事だけでなく、お客様の心も喜んでくれなければ完成ではない。

そんな時、自分に言い聞かせるのは、自分の弱さや、逃げを克服すること。
仕事力の無さにみんなに迷惑をかける時など、「自分にファイト!」なのです。

ということで、自分への応援歌。
出てくる人がみんな好き。
私に歌いかけてくれていると妄想して聞いています。

ファイト」(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-26 09:01 | ひと

<< ばれた! 75才の私 >>