トラウマ   

過去の強烈な出来事によって、自分を責めたり、落ち込んだり、無気力になったり、接触障害になる。
これをトラウマと呼ぶ。そうだ。
昨夜のテレビでトラウマと向き合い治療する様子が取材された。
全国放送で、熊本の男性が映像に顔を出した。
熊本の精神科に通う治療風景を追っていた。

私のトラウマは?と考えてみた。

そう、私は好きな人に尽くし、頑張って我慢して、最後に「君はひとりでも大丈夫」と言われた経験がとても心の中にきつい体験として残っている。
なので、「男性と距離感を持つ」ことを意識する。
そのことから色んなことへと発展していく。深い入りしない。お金は貸さない。期待しない。・・・。

でも、これってトラウマ?!

自分の深層心理の負の部分を自分で克服して、前向きに強く生きる。

みんな、日々乗り越えようとしているはず。自分の弱さや醜さ、認めたくない自分。

信頼おける精神科医に、落ち込んだら相談する。
日本にはまだこの習慣がないので、皆重たくて深いものをひとりで抱えこむのかもしれない。

「こころ」の問題は、自分の立ち位置を変え、少し離れて自分を第三者的に捉えて静視することから始めてみたら?
と自分に言い聞かさているところ。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-15 09:22 | ひと

<< 真っ白な陶磁器 見えない存在 >>