未練と覚悟   

人生の長い間に、選択を迫られることが数多くある。
「決める」に対して「未練」がある場合と「覚悟」がある場合では、その次の生き方が大きく変わるように感じる。
ひとりで生きていく!これを覚悟したのは自分自身。
なので、苦労も当然自分で乗りこえるという気構えが出来る。
もちろん喜びも、自分でつかんだのだから、自分を誉めて、心の栄養や筋肉にする。
そうやって見ると、周りの人の生き方も少し違って見えてきた。

こんなはずじゃなかった・・・。
といつまでも後ろを向きながら、歩いている人。
あの人がこうしたから、私は今こうなっている。
と人のせいにしながら、前を明るく見ることが出来ない人。
きっと、そんな人たちは、「覚悟」なしに道に放り出された、と被害妄想で、被害者意識が強いのかもしれない。

誰にでも、可能性や明るい将来はあるはずだけど、「未練と覚悟」の心の持ち方で明暗の差がつく。

心の持ち方。
とても大切ですね。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-03 07:26 | ひと

<< 仕組みをつくる女性(ひと) 自分を誉める会 >>