自然の中で生きる!   

温度計を見たら30℃。
汗が出るはずだ!とひとりで呟く。
南阿蘇の山小屋には、クーラーも扇風機もない。でも、心地よい風と自然素材の家の中は心地良い。

リュウマチと心臓の持病を持つ、娘(愛犬)は、変な咳をし始めたので、1ヶ月ほど前、心配で病院へ連れていきました。
先生の診察結果は心臓肥大で気管支を圧迫。このまま薬を飲まなければ、いつどうなってもおかしくない状況。

そして、抵抗を感じながらも毎日4錠の薬を飲ませたら、4日頃から元気がなくなり、1週間で嘔吐下痢が続き、ぐったり。
まだ街中のマンションに娘家族と居たので、クーラーをつけて様子を見ましたが、回復しません。
もうだめかと思いました。

そして、南阿蘇につれて来て、少しずつですが、食事もできるようになり、今は元気になりました。
f0031420_12374340.jpg
たかが犬、されど犬。
動物を飼ったことのない方には理解できないかもしれませんが、愛しい家族です。
この先、天国へ彼女が召される日まで、見守る責任があります。
やはり、薬は飲ませず、自然の中でゆっくりと過ごさせようと決めました。
時々、苦しそうな咳はしますが、薬で楽になるのなら、と考えた結果を見ると、何も出来ない状況です。

別れは、誰にでも来ます。私もいつか天国へ召されます。
その時の対応の仕方。
病院や薬との関係を、今、娘が考えさせているように思います。
[PR]

by k2kikiya | 2013-08-11 12:41 | 季節 | Comments(0)

<< アメリカへサマーバカンス ハーブの化粧品 >>