頼れる先輩   

私は、町中産まれの町中育ち。
自然環境の中での暮らしは今までしたことがありません。
繁華街に育ったので、酔っ払いが千鳥足で歩く姿や、大声で喧嘩する場面などは、幼いころから見てきました。
そんな私が、何の縁か、山の中に小屋を建てました。
これから、私の棲家になります。
最近は、イノシシが、私の敷地にお散歩に来ます。
さて、この地でどう楽しく暮らそうか!?
f0031420_1042168.jpg

小屋の2階からの眺め。
ヒノキ林で久木野の風景が見えません。
とSOSを出したら、伐採と草刈りを手伝ってくれる方が現れました。
f0031420_107340.jpg

近所のおじさんではありません。
わざわざ、軽トラに草刈り機など持参で「無力な町っ子」を応援に来てくれました。
感謝!感謝!です。

f0031420_109175.jpg

あまりにも仕事が早いので、私は何をして良いのか!ちょっと戸惑いました。
早く動くのは口だけだと、あらためて痛感。
でも途中から、草刈り機の使い方も教わり、私も初挑戦。
木を数本伐採してもらったおかげてヒノキ林に光が降り注ぐ場所が出来ました。

いつもは、スーツ姿で飲み会でのワイワイ騒ぐ姿しか拝見したことがなかったので、とても頼もしかったです。
それと同時に、日々の林の管理を考えると、「自然と遊ぶ」って大変なことだと今頃思います。

たぶん、私は二日後位に、肩と腕が上がらないかも・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-06 10:16 | ひと | Comments(0)

<< 継続の力なし!!! すいか投げ >>