生活日記   

私のブログは、私がこの世を去った後、子供や孫に読んでもらうために書き出したもの。
今、両親の事を思い出しても、父の言葉、母の言葉が明確にあまり出てこない。
こちらも年をとって記憶が薄れたのと、あまり過去に執着がない性格だからか・・・。

そして、最近「生活」という言葉がすごく重く感じる。
「この世で生きること、活かされること」を生活と私は今感じ取っている。

生きていること。活かされること。の大切でありがたい日々を書き綴る。
いつか本にしておこう!
ブログを本に出来るらしいけど、操作が分からない。

娘や息子が今の私位になった時、「母親」の生活がどうだったのか、そして人生の後半を自分はどう生活するのか!を考えてもらいたい。
[PR]

by k2kikiya | 2013-02-02 14:34 | ひと | Comments(3)

Commented by koshi at 2013-02-03 08:03 x
http://mybooks.jp/
ここで作れる・・・

ボクは家内の病気が判った翌年(2006)から、1年間を一冊のブログ日記として製本しているよ。
2006~2011で現在6冊。
そろそろ2012を製本しよう。
ただ、なるだけ行間を空けないようにしないと、一年間を一冊にと思っても、ページ制限を越えてしまうという事になるので、一度見てみたら良いよ。
Commented by k2kikiya at 2013-02-03 09:02
Kさんありがとう!確かに制限を超えているみたいで、その後どうしたものかと、止まっています。自分史は紙にして残しておきたいものです。
Commented by koshi at 2013-02-03 09:15 x
東はマメに書いてるモンね・・・(笑)

<< 核家族の子育て事情 大人の書道アート教室 >>