熱き想い   

ただ、ただ好きで作家の作品を皆に知ってもらい、買ってもらい、使ってもらいたい。
と思ってきた私。
でも、ここ数日美術工芸プロデューサーのお話を聞く間に、もっと掘り下げて「文化」を考えなくてはいけないと思いました。
「熱き想い」だけでは継続できないこともある。
続けることに意義がある。
なので、沖縄の文化、熊本の文化の基礎編から勉強していきます。
[PR]

by k2kikiya | 2013-01-29 16:53 | ひと | Comments(0)

<< 心の整え方 美術工芸プロデューサー >>