プロ親   

子供を産んだから親になれるわけではない。
昨日のニュース。
5か月の我が子を車に乗せて、窓ガラスも閉め、エンジンも切って、パチンコを3時間していた母親。
殺人鬼である。
言い訳も聞きたくないし、言う頭も持ち合わせていないはず、もちろんこころも。


教育学者 陰山英夫さんのコラム

今の時代には、おじいちゃん、おばあちゃん、近所の口うるさいおばさんといった若い夫婦の親としての在り方や子育てのモデルを示してくれる年長者が身近にいない。
だから、
意識的に勉強しなくては、「プロ親」にはなれない。
子供は生まれ落ちた瞬間から日々成長していく。
親だって、親として成長しなくては。
親であることは、それ自体が修行なのだ。


NKHの朝ドラ「梅ちゃん先生」をみていると何だかほのぼのするのは、恐いお父さん、優しいお母さん、近所の頑固おやじ、おせっかいおばさん達が、愛情を持って、みんなで助け合って、困難を乗り越え、家族を育む内容だからかな・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2012-08-17 15:47 | ひと | Comments(0)

<< 孤独力 フランスへ行ってました・・・。 >>