晴耕雨読に憧れて・・・。   

農作業の大変さは知らない町っ子です。
子というより、生まれも育ちも街中。道路はアスファルトしか知らずに育った。
だから、あこがれるのかも。
「晴耕雨読」の暮らしに。
60才過ぎたら、熊本市内と南阿蘇の家を行ったり来たりが理想です。
車の運転が出来る限りは町で走り回り、山では土を耕す生活をしてみたい!の想いで、ただ今予行演習中!
f0031420_10571086.jpg

梅の収穫時の私。
かなりの量の梅を収穫しました。
料理担当は娘です。
ジャムやシロップにしてくれるそうです。
楽しみだ~~~!
[PR]

by k2kikiya | 2012-06-09 10:57 | 季節 | Comments(0)

<< 経営者の心得 かき氷 >>