小さな農家の6次化プロデュース   

器季家カフェをオープンする前から考えていた事。
自給自足、地産地消、農業の活性化。
キーワードは「食」だった。
農家に生まれたわけでもなく、農業に憧れたわけでもなく、誰かに依頼されたわけ訳でもない。
「家業6次化プロデュース」
農家の生産・加工・販売までをお手伝いしたい!の気持ちが湧いてきたのは自分でも分からない。
でも、なんとかしたい!!!の想いを語っていると、集まってくるのです。
想いが同じ人たちが。
f0031420_22283579.jpg

娘の友人で吉岡さん。
ご実家が天草で農業を営んでいます。
お土産どっさり持参で器季家カフェへご来店。
自然栽培の晩柑が、生りすぎて手つかず状態だそうです。もったいない!
お米、生姜、晩柑、こっぱ餅。
いっぱい自然の恵みをいただきました。
ありがとうございます。

晩柑の加工、販売をどうしたらいいかのご相談。
実ったものが消費者の口に入るまでの経路を短く、よりセンス良く売るか??!!

私が考えた
「小さな農家の6次化産業プロデュース」

これから真剣に取り組みたいことです。
[PR]

by k2kikiya | 2012-02-24 22:21 | 創り人 | Comments(0)

<< 快人何重面相?! 奈良ホテルのディナー >>