ラストメッセージ   

年齢が重なると、「別れ」の場面に立ち会うことが多くなる。
人はひとりで産まれひとりで死んでいく。
誕生はみんなに祝福されて嬉しい報告となって伝わっていく。
死はやはりさみしく、悲しく・・・。

私は肉親や友人が他界していったことで考えた。
自分の「終わり方」は自分でプロデュースしたいと。

遺言書や想いも突然死ではない限り、考える時期に準備したい。
生きざまから感じ取ってくれる子供達へのメッセージもある。

今から二人の子供達には、「私のこの世での終わり方」は語り続けておこう!
[PR]

by k2kikiya | 2012-02-17 08:52 | ひと

<< 走った! 馬鹿になる! >>