勘違いをしないこと!   

身の丈、身の幅知らずの人生にならないこと!
前回の曽野綾子さんの本にも書いてあったこと。
周りからちやほやされれば天狗になり、勘違いしてしまうこともあるはず。
今日、ある人から「先生」と呼ばれました。
即、
「私は先生ではなりません、一般の市民です。」と笑って交わしました。
私の基本軸は平民です。
いつも、一般人の立場、感性、間隔を持って、事を進めて行きたいと考えています。
組織力、権力、財力、肩書き・・・。
私には関係ありません。
関係あるのは、自分と想いが通じ合うかどうか!!!
[PR]

by k2kikiya | 2012-02-10 18:50 | ひと

<< 子供たちの未来 凛と生きる女性 >>