凛と生きる女性   

私はもっこすか、あまのじゃくの性格で、「今ベストセラー!」と宣伝している本を即買わない。
情報や出版社、書店にのせられたくない!という思いがある。
その時の自分の気持ちが、その本を欲していると感じた時に、手に取り、買って読む。
そんな具合なので、周りの人とはずれがある。
今頃?!かもしれないが、曽野綾子さんの「老いの才覚」を読んで感銘、共感中!
90歳になっても現役の日本画家の女性の言葉
群れない
慣れない
頼らない
に共通するお言葉がぎっしり。
凛と生きるとはこんな人のことを言うのではないかと思った。

共感する言葉を一部抜粋させていただきます。

老人が健康に暮らす秘訣は目的、目標をもつこと。
「何をしてもらうか」ではなく「何が出来るか」を考える
お金で得をしたいと思わない。
分相応、身の丈に合った生活をする。

まだまだ共感できる言葉が満載です。

あと10年もしたら周りはみんな老人と呼ばれる人たちに囲まれる日本。
私もその中の一人に数えられるのでしょう。年齢という数字だけ見れば。
でも、気持ちは明るく、前向きに、楽しく日々を送りたい。
その為にも、凛と生きる諸先輩方の後姿に学びたいと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2012-02-09 08:08 | 創り人

<< 勘違いをしないこと! 月に願いを! >>