別れ   

家族、友人達との生死の別れ。
世界中で起きてる。
戦争や災害、そして事故、病気。
いつの時代も別れはある。
永遠の命などないのだ。

母が58歳で癌を宣告された時、父は母に告知しようとしていた。
それを娘たちは必死に止めた。
母の動揺をどう受け止めていけば良いのかわからなかった。
でも、今考えればそれは、私たちの自己都合だったのかもしれない。
本人は癌と知ることで、好きなもを食べ、好きなところに行き、自分の寿命のコントロールを自分でしたかったかもしれない。
父と支え合いながら。

いつかはみんな天国に召されます。別れが来ます。
その瞬間、「ありがとう、幸せでした」と心から思える今世の生き方をしたい。

最近、身近な人たちの悲しい知らせを聞くことが多く、「他人事」ではない「生死の別れ」
[PR]

by k2kikiya | 2011-12-06 08:19 | ひと

<< 親ばか! 60代の棲家 >>