ありがたみ   

お金の価値観やありがたみを考えることから、少し離れた生活をしていた。
子育ても一応終わり、学費に追われるわけでもなく、子供達は自立した生活をどうにかやっている。
多額なローンを抱えている訳でもなく、仕事もボチボチマイペースでやっている。
そんな状況の中で、「町屋を再生してカフェを始める」ことを考えた。
そう、今年の3月位から。計画して具体化するのに1年もかかっていない。
そして、オープンして1ヶ月が過ぎた。
感想は、よく頑張った!やって良かった!体力がないことを痛感!それから周りの人たちに感謝!
カフェで一番高いメニューは器季家定食1,000円。
安いと思うか、高いと思うかは食べてみないとわからない。
空間をや雰囲気も含めてのお値段。

そこで、自分に置き換えて考えた。
1,000円の定食をどう考えるか?
安いうどん屋で済ませたり、コンビニのお弁当だったりで終わる食事もあるはず。
それなのに、1,000円を出して食べに来て下さるお客様がいる。
本当にありがたいことである。

何千万円の建築の仕事に関わり、金額に麻痺していた部分もある。
家を建てる方は、日々の生活をシビアに考え貯蓄して頭金をためていたと思う。

最近、130円のいきなり団子を買って下さる方にも感謝の気持ちで頭を下げる。
当たり前のことを忘れていたかもしれない。
商売は「あきない」と言います。
飽きずに、コツコツ笑顔で皆様と接する仕事を始めて、色々学ぶことが増えました。

「ありがたみ」を学ぶ場が一つ増えました。
いくつになっても日々、反省、日々進化。
[PR]

by k2kikiya | 2011-12-02 08:07 | ひと

<< 変身願望 今年もあと3ヶ月??? >>