ナガオカケンメイさんとの再会   

ちょうど一年が経ちました。
超スピードで時間が流れ、近辺の状況も変わった。
でも、彼の優しい表情は同じかな・・・。
そう、勝手に同志と思い込み熊本に来ていただいた一年前のナガオカさん。
昨日は、器季家カフェにお越しくださいました。(色字クリック)
f0031420_875862.jpg

ゆっくりおもてなししたかっけど、ランチタイムで店内は賑やか。
静かに熊本を語る時間もなかった。
最後にいきなり団子をおみやげに渡すのも忘れた。
まさに、ドン・くさ子。

「ナガオカケンメイの考え」という本を数年前に読み、共感して「ひと・モノ・まち」をつくるde繋ぐを始めて今も進み続けています。

人とのご縁は大切です。
ケンメイさんとの縁を熊本の次世代の人達に繋げたのならば、幸せです。
器季家カフェの事をフェイスブックで紹介してくれた坂梨さん、DMを直接ケンメイさんに届けてくれたお客様。皆さんに感謝します。
私の願いは叶いました。

これからは、また次の願いを現実のカタチにするために頑張ります。
但し、本当の願いはケンメイさんと焼き鳥屋でモノづくりついて語り合うことでした。
が、それは若くて熱き熊本の若者たちに譲ります。
[PR]

by k2kikiya | 2011-11-25 08:05 | ひと | Comments(0)

<< 年賀状を書く! 飛び込み営業 >>