引き寄せの法則(友人つながり編)   

器季家カフェの内装現場で「はじめまして」のふたり。
f0031420_6334120.jpg

西村邸倉庫を借りるきっかけを作ってくれた冨士川さんと、器季家カフェの厨房責任者の山中さん。
山中さんは私が「こんな人がいないかな!?」と思っていた人。
笑顔が優しくておいしいだご汁をつくってくれる人を求めていたら出会いました。
そのうえ、20年も秘伝のたれに火を通してきた桜飯を器季家カフェで出してくれます。馬肉飯です。ご実家が製麺業だったことではじめられたうどん屋さんを先月閉められて、ほっと一息されていたのを、強引?にお願いして店に来てもらうことになりました。
そして
人間都市研究所の冨士川さんとの初対面。このお二人の繋がりは、建築家の友人。
山中さんのご実家のビルを設計したのが冨士川さんの友人だとか。

熊本は狭い。良くも悪くも知り合いの知り合いは知っている・・・。

器季家カフェは、引き寄せの法則で「ひと・モノ・まち」づくりに関わる人達が集まる場所にしたい。
もちろん、熊本の美味しいものを食する場所としても。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-18 06:45 | ひと

<< 食欲の秋から冬 ひとりとふたり >>