つくるdeつなぐ(絆編)   

私は自分の仕事を友達に営業はしない。
色んな営業研修などで、新人にはまずは身内、友人、知人からと指導を受けているのか?ぎこちない説明をしながら営業をする姿は幾度となく見てきた。

これは、不誠実に感じる時がある。
営業する方も、される方も、後々までの責任をとる自信があってからの「仕事」である。

私は、今のすまい建築プロデュースの仕事には誠実に取り組んでいるつもりです。
自画自賛の部分は冷静に受け止めていますが・・・。

でも、友人、知人から相談を受けた時は、精一杯相手のご家族のことを考えて仕事させいただきます。
f0031420_6483627.jpg

左のUさん。私の中学校からの友人のご主人。隣の可愛い女の子は今設計打ち合わせ中のHファミリーのTちゃん。
U邸の新築工事のプロデュースをさせて頂きました。UさんとTちゃんも私からみれば、繋がっています。家づくりつながりで。

友人の家づくり相談は土地探しから。
設計プランが出来て、さ~着工という時、ご主人に東京へ転勤命令。ご家族もショック!ご主人も不安だったでしょう。

でも
「久美ちゃんに任せます。よろしくお願いします」と言って5年目にやっとまた転勤で今度は福岡。
今は熊本から福岡へ新幹線通勤。
設計、施工の連携もよく、打ち合わせもメールで詳細にできたこともあり、今も良好な関係は続いています。

家づくりは、私にとって絆づくりだと思っています。
単なるシェルターとは違います。
人と人が生きることに繋がる絆をつくる。
かなり大役です。勝手に重たい荷物を担いでるのかもしれませんが、私が関わる家づくりのご家族へはその想いで動いています。

つくるdeつなぐ絆づくり
後継者へ繋ぎたい大切な仕事です。

家創り日記は毎日更新中(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2011-09-05 07:03 | 家づくり | Comments(0)

<< 心地よい季節 ステージづくり >>