距離感は大切!   

自慢か不思議か?!
家づくりの仕事仲間たちと一緒にお酒を飲む事はめったにない。
会社の上下でもなく、独立採算型のフェアーな関係。
私が契約をしなければ、私に報酬がない。とてもシンプル。
でも、プロ意識は常に高く持ちたいので、それぞれの仕事の進め方は意識する。

私の専属精神カウンセラー、斉藤茂太先生の言葉。(勝手に専属にしています)
[晴ればれと生きる人]の項目で書いている文章を抜粋。

「べたべた生きるな、水臭く生きよう」

一定の距離感を置くなんて水臭いじゃないか・・・。
と思うかもしれないが、相手の話をよく聞こうとするときは、大切なことだ。
距離を置いて冷静に聞く、相手は自分と同じではないと認識しておく。
そういう気持ちがなければ、相手の話を深く捉えることは出来ない。
不安な時代だからこそ「しっかり聞く耳」が大切になってくる。もちろん「しっかり伝える口」も。


なるほど!
友人知人、仕事仲間。
人は自分以外の多くの人達と関わりながら生きていく。
そこで、関わる人の数より、質を自分自身に問いたい。

これから生きる人生の中で、大切にしたい人、時間、空間。
大人の距離感がもてる人間関係を大切にしたいものだ。
[PR]

by k2kikiya | 2011-09-02 07:38 | ひと | Comments(2)

Commented by yakura89 at 2011-09-03 07:13
初めまして、というよりは前からブログは、拝見させてもらっていたのですが、最近は、記事が面白くて、頻繁に読ませてもらっています。 Higashiさんの文章は、いつも歯切れが良くて気持ちがいいですね。内容も生き生きしていて、いつもいい刺激を受けさせてもらっています。特に今日は、親しい相手だからこそ距離を置く。相手の話をよく聞く。不安な時代だからこそ、「しっかり聞く耳」と「しっかり伝える口」が必要。なるほどなあ〜と、思わず、頷いてしまいました。本当に、その通りですね。これからは、その言葉を教訓にさせてもらおうと思います。ありがとうございました。
Commented by k2kikiya at 2011-09-03 07:43
私の言葉ではありませんよ^0^。茂太先生のお言葉です。読んでくださってありがとうございます。

<< ステージづくり つくるdeつなぐ(フローリスト編) >>