震災からのメッセージ   

東北の震災後の現状はテレビや雑誌の報道よりもっと大変なはず。
現地に行った方の話を聞いた。
義援金や救援物資は市民に届かないものも多いらしい。

遠く離れた九州で、数日の大雨に心配している状況とは違う。
放射能の問題まで加わっているのだから。

そう考えると「今」に、とても感謝できる。
そして、傍にいる家族の健康と、親しい人たちの笑顔を見れる環境に本当に感謝。

これからどう生きていきたいかをいつも考えている。
今までと違うのは、幸せの優先順位がはっきりしてきたこと。

他人と比べることができない「大切なもの」
それをちゃんと大切にして、これからの人生も小さな幸せに喜びを見つける。

建築業界も「震災バブル」と言って、東北へ施工部隊を送り出す事業家たちが忙しく、準備に追われている話も聞く。

需要と供給。
当たり前のことですが、生臭いお金がらみのことは苦手です。

私にできることは?

目の前にいる人を元気にすることから始めます。
[PR]

by k2kikiya | 2011-06-13 10:23 | 季節 | Comments(0)

<< はやっ! 祈り >>