祈り   

地震や津波の被害、そして梅雨時の大雨を体験すると、自然災害の恐ろしさに抵抗できない人間の小ささを感じる時がある。

一瞬にして、大切なものを失うかもしれない。

そう思うと、昔の人たちが「神に祈る」行為は必然だったのでしょう。

職業柄、家を建てる前に建築地のお祓いをします。
「地鎮祭」
地を鎮める儀式。

新しくその地に家を建て、家族が幸せに暮らす為の、建築の儀式。

お客様の地鎮祭に同席する度に、普段は信心深くもないのに、「神様どうか、〇〇家の皆さんにとって幸せな家が無事に建ちますように!」と祈っています。
[PR]

by k2kikiya | 2011-06-12 14:22 | 季節 | Comments(0)

<< 震災からのメッセージ 主婦の鏡 >>