和手ぬぐい   

私は和手ぬぐいが大好き。
旅行へ行くと、お土産には和手ぬぐいを買うことが多い。
手ふきはもちろんとして、首に巻いたり頭にバンダナのようにかぶったり、活用法は多い。
そして、和柄が好き。
20数年前、1件目のショップをオープンした時は、東京のいせ辰に仕入れに行った。
そして今、オリジナルの和手ぬぐいを作る計画を立ていた。
が、
制作をどこに依頼したら良いのか悩んでいたら、出会いました。
熊本市島崎にある間林染工場。
この縁を取り持って下さったのは、デザイナーの河田さん。
ありがとうございます。
f0031420_1128437.jpg

間林社長の案内で工場見学をさせて頂きました。
f0031420_11291611.jpg

工程順に和手ぬぐいができる様子が分かりました。
f0031420_11303489.jpg

手仕事で何回も何回も染料を染み込ませていきます。
f0031420_11315142.jpg

そして水洗い。
完成したものを今度は丁寧に一枚一枚たたんでいきます。
f0031420_11331496.jpg

そして、私も一枚買いました。感触を確かめるために。
印刷にかけた柄は、インクの肌触りが硬くて、何回も使っているうちに剥げてくることがあるそうです。
f0031420_11361030.jpg

綿に手染の和てぬぐいは、優しい肌触りでした。
のしに巻いた?は河田さんの山で採れた乾燥山菜。
ラッピングひとつで素敵になります。

楽しみだな~!オリジナルの和てぬぐい。
[PR]

by k2kikiya | 2011-06-07 11:36 | 創り人

<< 七夕の花あしらい なんとかせんといかん! >>