イメージ通り!   

熊本城の近くにある伝統工芸館は私の手仕事観賞散歩道。
目的が無くても、近くを通る時は必ず立ち寄る。
手仕事作家の作品との出会いを求めて。
昨日もいつもの散歩コースとして。
そして、地下会場で自然工房の太田さんの作品と出会った。
アケビや籐の作品はこれまでに多く見てきたけど、中にひとつどうしても気になるものが。
ご自宅で使っていたものらしい。値段もつけず、端っこにおいてある花器?オブジェ?
「これいくらですか?」の質問に困惑された太田さん。
しばらく考えられて交渉成立。
家に持ち帰り花器として玄関に。
「イメージ通り!」と自画自讃。自分の感性に酔いしれながら、お財布の中がからっぽになった言い訳を自分で探す。
「プロデューサーとは、常に暮らし方への感性を研ぎ澄ますエッセンスを身に着けることも仕事」
f0031420_640417.jpg

アケビとクラフト(紙紐)の編みこみがとてもきれいで丁寧です。
f0031420_6421393.jpg

不器用な私には真似できない技です。
[PR]

by k2kikiya | 2011-06-01 06:42 | 創り人

<< 意識づけ 涼の器 >>