伝えること。   

2歳になった孫に出来ること。
伝えること。

娘夫婦の教育方針もあるので、出しゃばらず、必要とされたたり、相談されるときに色々話してあげようと考えている。
が、
私より、娘の方がしっかりしている。
布おむつしか使わない。旅行中も。
食べ物も、添加物の入っているものは極力食べさせない。
テレビも新聞も見ない。見せない。
かたっよた報道や情報はいらないらしい…。
自然の中で、ゆったりリズムで暮らしている。

でも、私は大地のよな大きな心と体?で娘家族の暮らしを距離感を保ちながら見守っている。
だって、人生の先輩としては、語りつくせない経験はしてきた。
いつか、聞く耳を持った時に、伝えたいと思っている。(失敗事例かもしれないけれど)

昨日は、孫と二人の時間を持てた。
本屋に行って、何か本を買ってあげたいと悩んだ。

また娘から指摘されてもいかんしな~と考え、
童謡のおもちゃにした。
f0031420_7124883.jpg

孫は喜んだ。
しかし、こんなおもちゃがない時代、童謡を子供たちに伝える手段は何だったのかな?
読み聞かせのように、歌って聞かせることかな?
私は、テレビと保育園にかなりお世話になった。

子育ての原点は子供と目と目を見ながら、スキンシップをしながら伝えること。
[PR]

by k2kikiya | 2011-05-30 07:20 | ひと | Comments(0)

<< 涼の器 元気印の架け橋 >>