犬のバリアフリー   

健康な人なら段差だろうが階段でも平気なはず。
でも、体調不良や、足、腰に病気を持っている方なら、少しの段差もきつくて痛い。
それを解っていたのに、配慮不足なことをしました。
娘(愛犬)のいつも座っているソファーを籠に買えたのです。
その時は、足が不自由なことを忘れていました。
最近元気なので。
籠を出るとき、少しジャンプして床に着地する。
健康な犬ならなんてことの無い行為。
娘はリュウマチをわずらい前足が曲がっています。
それをジャンプしながら水飲み場まで行く動作はきつかったのでしょう。
f0031420_5484789.jpg

前日まで元気だったのに、昨日の朝は歩けなくなっていました。
また病気が再発か?骨が曲がって苦しむのか?と
考えただけで、娘の苦しさを思うと涙が止まりませんでした。

人も動物も同じ屋根の下で暮らせば家族。
毎日元気でいて欲しい。限りある命だけれど。
病院で診察の結果、左前足がはれていたので痛み止めの薬を出してもらいました。
昨日は、母親としての配慮不足の失敗を深く反省しました。

ごめんねジル。
[PR]

by k2kikiya | 2011-05-18 05:51 | ひと | Comments(0)

<< 真夏だ! バスク料理 >>