「語る」の効果   

資金調達のために、色んな所で志を語っている。
志というより、事業計画と表現した方が正しい。
当たり前のことだけど、どんなに志を語っても、評価されるのは資料、業績、事業性。
でも
私は語り続ける。
市役所、県庁、商工会議所、銀行と回る中で、気がついた。

本当に自分があの場でやりたい事・やれる事が。

「やりたくないこと」を説明したり、相手を納得させるエネルギーは私には出ない。
ただ
本当にあの場所で、こんな事をして、こんな情報を発信し、こんな人達の集まる場所にしたら、あの街が賑やかになる為の微力にはなる!との想いが強いと、いくらでも語れる。

自分の想いを再確認する効果は「語る」ことだ。
と昨日気づいた。

但し、私の資金力不足でその志を実現できない場合は、どなたかお力のある方にバトンタッチするしかない。
志は大きく、現実はいっぽづつ・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2011-04-13 05:53 | ひと | Comments(0)

<< ごはんがあぶない。 頼りにしてまっせ! >>