自分の存在は?   

ビジネス本中毒になっていた時代。
大きな会社の小さな歯車だった頃、いかに自分の存在を認めてもらえるか!
と頑張っていた時代。

頭でっかちの時代。
そんな時代のビジネス本をまた読み返している。
f0031420_7421131.jpg

小さな組織をまた創ろうかと考え始めた。
お金儲けがしたいわけでも、社長業がしたいわけでもない。
夢が現実として近づいてきたことを感じてきたからだ。

そのためにはひとりの力ではどうしようもない。
少人数で心のこもった商いをする。
これが目標。

さ~!
私は稼ぐ人?
安い人?
それとも余る人?

そして、あなたは?

2001年に幻冬舎から発行された
「仕事で幸せになる
稼ぐ人・安い人・余る人」
著者はキャメルヤマモト。

分かりやすく仕事で活きるノウハウが書いてある。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-01 07:50 | ひと | Comments(0)

<< 大人のひな祭り 花のある暮らし >>