名前の由来   

カフェギャラリー&オフィス・器季家
オープンして4ヶ月目になります。

公私共にいろんな事があって、バタバタしながらやっと最近落ち着いた感じです。
この器季家という名前は
プロトハウスの桑原氏が「仕事の内容が字を見てすぐ分かるのがよくない!」とアドバイスしてくれたことから考えました。

陶器が好きで、季節の行事(四季折々の伝統行事から花見の宴会まで)を楽しみたい。
そして、家づくりを天職としてゆっくりでいいからながく続けたい。
そんな気持ちが込められた名前です。
f0031420_811942.jpg

最初、季器家と器季家のどちらにしようか迷ってある方にみてもらったら

季器家は人が集まるけど、それだけで発展性があまりなさそう
器季家は来客者にあなたの愛情をふりそそいでいるのがみえる
と言われ、即、器季家にしました。

当たっています。この店に来る人はみんな明るく楽しそうに帰っていくし、私も幸せな気分になります。今ビジネスと関係ない人の輪が大きくなっています。

それに、人間的に魅力のある方々です。
この店を始めて本当に人によく出合います。

4月からは新たな仕事も始めます。
器季家のギャラリーも定期的なイベント時のみの営業になりそうです。
本業の家づくりにもパワーを注ぎます。

でも、もし夕方以降に器季家の明かりがついている時はえびすビールを冷やして
待っているということです。
遠慮なくご来店ください。

少々暑苦しいけど、愛情あふれる私とおしゃべりしませんか?

おまけですが、
「ききや」って名前どう思う?と友人に聞いたところ、
「響きがいいね!
昔、パリにピカソ達芸術家が集まるカフェがあって、そこに綺麗なモデルがいつも遊びに来ていたそうな。その女性の名前がkikiなんだよ。ピカソもその女性に惚れてたんだって。」
その言葉を聞いた時、私はすぐにタイムマシーンに乗ってパリのカフェでワインを飲んでるkikiになりっきっていました。
[PR]

by k2kikiya | 2006-04-01 08:18 | ひと | Comments(2)

Commented by saori at 2006-04-01 10:32 x
ankumiさんは暑苦しくないといけないんです!!癒しの場の器季家でまた癒されて、ビールは今飲めないのでankumiさんの熱い(暑い?)語りを聞きにまた遊びに行きますね!
※明日からよろしくお願いしま~す(ドキドキ)。
Commented by k2kikiya at 2006-04-01 11:03
めんそーれ!沖縄

<< めんそーれ! 若さの秘訣 >>