手づくりの器でもてなす   

今年の陶芸教室での目標は「碗」
ひたすら碗ずくりに専念します。
手びねりでつくる飯碗、汁碗、どんぶり碗。

どうして碗なのか?

それは近い将来美味しい野菜を素材にしたカフェをしたいから。
なので、出来る限り器は自分でつくります。

今年最初の陶芸教室。
ローゼンクレイスタジオの風景。
f0031420_6574241.jpg

この鏡餅も陶器。
f0031420_658298.jpg

小鉢もひっくり返すと今年の干支の兎。
三早枝先生は暮らしを楽しむハイセンスな女性です。
f0031420_701130.jpg

そして、先生の指導のもとに
f0031420_71181.jpg

碗と言うより中鉢かな?のサイズの器が完成。

ここで告知タイム

1月26日(水)13:00~16:00
ローゼンクレイスタジオ
オープンレッスン

初めての方でもアートな作品が出来ますよ!
参加費は材料費込みで4000円
今回のテーマは「四角い器」
f0031420_74392.jpg

カタチはいろいろ楽しめます。
角鉢、花器、オブジェなどご自分の発想で楽しめます。

参加希望者はローゼンクレイスタジオへ(締め切りは1月23日)
器季家企画のレッスンと伝えてください。

096-362-6852 ローゼン三早枝さんまで
[PR]

by k2kikiya | 2011-01-19 07:08 | 楽しみ | Comments(1)

Commented by rosenclaystudio at 2011-01-21 21:56
うっひょ~♪、遊んでます、遊んでます。ばれました。遅すぎた鏡餅と、干支のウサギ達、早々ブログデビュ~ですね。
 
碗作り:いいところに目をつけました!陶芸作品の基本ですから。習字で言えば、楷書みたいなもんですね。ドン詰まったら、基本に戻る、そこから新しいものが再び生まれる。ってこと。
 それにしても久美子手作り碗が並んだら、きっと美味しいカフェもキラリと光るに違いない。楽しみです!

 26日・角器作り。どんな作品が生まれるか!これまた楽しみ~♪

<< つくるdeつなぐ(シロップ編) 死ぬまでに必要なお金 >>