しあわせもん!   

昨夜は久しぶりに深夜テレビで、映画を観た。
タイトルは「ある結婚の風景」
英語でもフランス語でもなかったような(字幕を追っかけるのに必死)
何組かの中年夫婦達のそれぞれの家庭、夫婦の本音や生活や心情を描いていた。
家庭内離婚の夫婦、三人目の子供を授かったのに、喜べないで悩む夫婦。
外国の結婚事情、夫婦の価値観などは分からない。
でも、私の近くにもいるな!似たような男女が、と思い観ていた。

深夜あんまり男女関係を深く考えるのはやめようと、最後の結末も観ずに寝た。

そして、早朝の夢。
数時間前に、結婚はややこしい・・・。
と思っていたのに、夢で私は結婚式を挙げていた。

それも、初恋の人と。(実在の人)
彼には奥さんも子供もいる。
なのに、
「君と結婚するのが僕の夢だった。式だけでいい。写真だけでいい。一緒に撮ってくれ」
としつこく迫られ、「仕方ない、それじゃカタチだけ」と私も動く。
そのうちだんだん彼の愛情が伝わってきて、しつこさが心地良くなった。
そして
記念写真の私は、至福の笑顔。

という夢。

笑顔で起きて思った。
昨夜、結婚生活で悩むのは大変!と思った私の思考回路はどうなっているのか?

もしかしたら、何十年も会っていない彼の身に何か?と不吉なことまで考える。

それにしても、単純に夢で幸せ気分になる私は、本当のしあわせもん。(おばかとも言う)
[PR]

by k2kikiya | 2010-11-09 08:58 | ひと | Comments(0)

<< 国際人は育つのか? いつまで続くのか・・・? >>