プランニング打ち合わせ   

建築家、お客様ご夫婦、そして私。
初めての平面・立面プラン提案日。
三者とも、少々緊張気味。

f0031420_12172330.jpg

手書きのパースにお客様は「にやり」嬉しさが隠しきれない様子。
f0031420_12182538.jpg
建築家三浦善次郎氏。
お客様が喜んでくださっているのが分かると三浦氏もエンジンが更にかかって説明に熱が入ります。
今回はプランが一回で決まりました。
私のプロデュースした物件では初めて。

なぜ、一回でOKが出たかと分析してみると
①建築家紹介の時、事前にお客様がHPで建築家を確認。作風や人柄もチェック。
②茶話会を設けた。(雑談をしながら作品集を紹介したり、建築に関するポリシーなどを話してもらった)
③完成見学会にお客様へ来ていただき、建築家も一緒に会場を説明して回った。
④実際に建築家が設計したお宅へ伺って住んでいる方のご意見を聞かせてもらった。
⑤この建築家に依頼すると決めていただいてから、再度リサーチ面談をして、細かい日常の
暮らし方やこだわり、希望を三者で確認した。

それから2週間後の設計提案日。
初回提案でお客様は「感動」された。
嬉しい!プロデュース冥利に尽きる。土地探しからお手伝いしてるお客様です。
本当に、喜ぶご家族の顔で私も三浦氏もニコニコ。

さー。これから工務店の見積が出たらそのチェックに入ります。
今回私のしている仕事は、お客様側について建築トータルプロデュースをすること。
請負契約、銀行ローン申込、地鎮祭の段取りと忙しくなります。

自分の家は一回しか建てられないと思うけど、お客様の家づくりに関わることで楽しさと喜びが共感できます。
幸せな仕事です。
[PR]

by k2kikiya | 2006-03-29 12:45 | 家づくり | Comments(0)

<< 若さの秘訣 楽しさと後悔 >>