女性の特権   

私は女性で良かった!と思っている。
男女差別もウーマンリブもジェンダーフリーも声を上げて言うこともない。

人間として器の大きい人、人間性が豊かな人は男女関係なく相手を尊重できるし、男性でも小さい器でうじうじしている人もいれば、女性でも、大空のように清々しく寛容な心で周りを包み込む人もいる。

なので、人を男女ではなく人間というくくりで私はみているつもり。

そこで、何故女性で良かったかと言うと

装える。着飾れる。化けるとも表現できるかな。
とにかく、お化粧から服装、髪の色まで、少々派手にしても女性は許される。
華やかと評価してくれる。
これは楽しい事だし、女性の特権。
最近、芸能界では男性が女性以上に派手にしてい人もいますが・・・。

でも、私は、洋服やアクセサリー、宝石、ブランド物のバックなどに興味がない。
興味がないというより、惚れた作家の作品を身近に置きたい!の方にお金を使うので、それ以外は非常に質素。

最近、お金をかけずにお洒落を楽しんでいる女性に惹かれている。
年下の仕事仲間、坂梨由生子さん。
f0031420_9302025.jpg

彼女の七変化はたいしたものです。
設計打合せの時は、スケール片手に機敏に動きます。
現場で作業を手伝う時は、もちろん作業服。
PTAでは、それなりの母親の装い。
サッカーの練習時はもちろん凛々しく。
そして、OFFの時はよく着物も着ています。

素敵な女性です。
高額なお金をかけずに裏ワザで粋に見せる着物の着方をいつか教えてほしい。

私の目標は「年齢を重ねるごとに、派手に装う」です。
少々、奇抜でも目立っても良い。明るく生きるためには「カタチから」です。

きっと老人ホームに入っても、派手にして素敵なおじいちゃんを探していることでしょう。
[PR]

by k2kikiya | 2010-10-31 09:37 | ひと

<< 食欲の秋 仕事ができない女 >>