本物を見分ける力   

先日の熊日新聞の新生面の出だし。

偽物が多い世の中で、本物を見分ける能力のある人を「目利き」という。
と文章が始っている。

日本で浮世絵が、文明開化の時代否定され、安い金額で海外に流失してしまった。
それをある審美眼をもつ「目利き」の外国人大使が買い集めてギリシャに大切に保管されていた。
それが、全て本物であるいうことが日本の調査隊の結果で解ったのが2年前だそうだ。

文化や伝統、芸術、それから政治や宗教。

人間の心を映し出す表現方法。

国を良くして、人々の暮らしを豊かにする政策。

信じる者こそ救われると言う宗教。

色々な「本物」と「偽物」をどう見分けるのか?

何をものさしとして評価するのか?

無い知恵を絞って考えてみる・・・・。

誰を信じれば良いのかな?と。

大きなことは、政治家や役人の汚職や腐敗。
小さなことは、テレビの通信販売の化粧品を使った人のコメント。

本当に信用できるの?本当に国民のこと考えるの?
本当に綺麗になるの?それも一週間で?と疑ってしまう。

周りをゆっくり見渡してみよう。
本物は何人いるのか???
[PR]

by k2kikiya | 2010-10-06 05:47 | ひと

<< 潤い 日はまた昇る >>