言葉の力   

書道家しゅんけいさんの県展作品。(色字クリック)
f0031420_749797.jpg

「らんこうけいふく」と読みます。

言葉の解説文は
春は花々が華やかで美しいが、秋には月も冴え、蘭が芳しく、きんもくせいもふっくらとして芳る。そう考えると秋は春に勝る。

ご本人からのメッセージ。
「若さ(春)はそれだけで美しい。
しかし、年齢を重ねると(秋)の深い美しさが少しずつ解ってきたような気がします。夏の風が秋の風に変わっていくこと、風に香りが乗ってくること、月が冴え星が輝き始めること、空気が澄んでいること。
小さな変化が愛おしい。

そんな想いを込めて書いたものだそうです。

私も人生の秋を迎えようとしています。
そして、若いとき(春)より今の自分が好きです。

今回のしゅんけいさんの字と言葉には優しさと哀愁が沁みこむ力を感じました。
[PR]

by k2kikiya | 2010-09-19 08:05 | 季節

<< 祝宴 素晴らしきわが人生 >>