息切る・生きる・活きる   

親友が闘病生活を始めてもう何年になるだろうか?
一緒に長崎や京都に旅行した頃から体調がおかしかった。7年前くらいからだろうか。

彼女は10代の頃から私のことをみている。
性格がまるで違うので、冷静に観察している。

「くみは何でも自分で抱え込んで頑張るけん、息切れがするとたい!上手に甘えることをせなん!」と言って笑っていました。

その通りです。でも今もあまり成長はしていないかも。

その彼女が今生死をさまよっている。きっと彼女のことだから、「まだまだ生きてやる」と頑張ると思います。

Mちゃん!あなたらしく生きて下さい。
私も、私らしくあなたの分まで活きるからね。

同じ時代に生まれてくれてありがとう。

Mちゃんに捧げる歌。
中島みゆきの「重き荷を負いて」(色字クリックで聴けます)
[PR]

by k2kikiya | 2010-07-19 06:40 | ひと | Comments(0)

<< 後光 金沢弥和展 >>