導かれる?   

衝動的?と周囲からは批判された南阿蘇の土地購入。
まっち子が暮らせるのか?

本音で言うと本人も疑問視していた。
今は娘夫婦が管理してくれている土地と家。
いずれかは山林を娘達が活かしてくれれば良いと思っている。
カフェでもギャラリーにでも。

昨日は久々に泊まった。
早朝、夜峯の山から昇る朝日を拝み
f0031420_7375375.jpg

散歩しながら、わが土地を眺めた。
f0031420_7421711.jpg

さて、どう関わっていこうか?
この場所と。

そう思うと、不安よりエネルギーが湧いてきた。
街中の雑踏の中で走っている私も本当の自分。
この自然に導かれるように「静の時間」を楽しむ自分も私。

きっと、これからもっと楽しい事が待っている気がする。
もちろん、越える山や谷が多いことを覚悟のうえで。
[PR]

by k2kikiya | 2010-06-25 07:40 | ひと | Comments(0)

<< お聴き下さい! 休息美(2) >>