立ち位置   

もがき苦しんでいる時、自分の立ち位置を変えてみる。

これは大事なこと。

環境を変える。関わる人たちを変える。自分の事を客観的に眺めてみる。

尺度の違う人達(前向き・明るい人・見ていて魅かれる人)にあって話をしてみる。

すると・・・。
f0031420_7312952.jpg


苦しんでいた自分と「さよなら」できるかも。

昨夜は、Aさんの送別会。
熊本の住宅会社を辞め、故郷鹿児島でまた新しいことへチャレンジする。

彼女との出会いは「私の仕事ブログ」

「何故東さんはいつも楽しそうに仕事のことを書くのだろう?」と思ったそうです。
1年ぐらい読み続けて、「会いに行こう!」の衝動に。

そして昨夜の飲み会まで3回の面談。(人生相談室になることもある我が家です)

人は本音で話すとその「人なり」が出て来ます。

会って、周りにマイナスの気を振りまく方は困ります。
彼女も1回目の面談は愚痴ばかり。かなり職場のストレスが溜まっていたのでしょう。
でも、2度目は立ち位置を変えて自分を見ることが出来るようになりました。

そして、3回目にお会いした時はすっかり人生の軌道修正をされていました。

見事です。

「常に活路あり」で新しい職場でベストを尽くして下さい。

人生の目標値がぶれなければ、活路探しの修正は大いに結構だと思いますよ!

Aさん!鹿児島芋焼酎楽しみにしています!

~お断り~
私は人生相談を仕事にはしていません。自分自身がもがき苦しんだ経験があるので、少し役に立つかなと感じた時だけお話をしています。
なので、「お悩み相談の受付」はしていません。あしからず。^0^
[PR]

by k2kikiya | 2010-06-12 07:43 | ひと | Comments(0)

<< 前世は? 第一印象 >>