家づくりの自分軸   

こうあるべきだ!
このくらいは必要。
・・・。
いろんな場面で、こんな会話は聞かれる。

誰のどの感性のものさしで図ったのか?

例えば家づくりで考えてみる。
f0031420_10441974.jpg

キッチン。ガスコンロと流しのみ。後は、既製の棚や机を活用して使う。
これは、私のものさしで図るとgood!となる。
他の人から見ると、
「たったこれだけ~!」使いづらいのでは?と批評がきそう。

長野聖二氏が設計した家のご夫婦の寝室。
f0031420_10483247.jpg

四畳半の部屋に照明は天井の間接照明のみ。奥に屋根裏を利用した収納スペースがある。
狭くて暗くない?と心配する人もいるでしょう。
でも、この家のご夫婦はこれでgood!

広さ、明るさ、こだわり、機能性、色々重視する点、省く点。
どう暮らすか?どんなカタチの家が良いのか?日々の生活の快適性とは?
多くのことを思う時、何を基準に考え、決めて、行動するか?

大切なのは自分軸。

他人さまにご迷惑をかけない限り、自分の考えをちゃんと持って行動する。
世間体や体裁、批評は関係ない。

個人が、家族がいかに心地よく暮らすか!
これを具体化してカタチにする仕事を、来年も私なりの個性で進めていきたい。
[PR]

by k2kikiya | 2009-12-27 10:53 | 家づくり | Comments(0)

<< チェンジ! 成長途中! >>