こころざし   

半年前に会った好青年が、今は街頭で即興アートティストになっていた。
f0031420_1835441.jpg

彼は東京で教育大学を出て、教師になることより輝くこと見つけた。
それは実家の農業を手伝いながら、無農薬で米をつくり、子供達に農育をしたいという夢。
親御さんは猛反対したそうです。
学校の教師にしたかったのに、何で大変な農業をする?それも無農薬なんて?全く利益は見込めなないぞ!と。
でも、彼には東京での衝撃的な出逢いがあったのです。
居酒屋のオーナーとの出会い。
夢は必ず叶う!
の最初の一歩を夜の街に出て伝えているのか?
でも、おせっかいな私は少々お酒も入っているので
「君の志は忘れていないだろうね!こんな深夜に毎日街に出てきて、農業は出来るのか?」
と問いただす。
正直で素直な彼は
「はい!朝はきついです。でも頑張ります。夢のために」と答えた。
まだ26歳の彼。
今から何でもできる。
夢と志と不退転の決意のもとに。
[PR]

by k2kikiya | 2009-11-20 18:41 | ひと | Comments(0)

<< 幸せですか? 性格の改善 >>