韓国からのお客様   

布絵作家の梅原龍さんからの紹介で器季家に韓国からお客様がみえました。
キムさんご一行。
不思議なご縁です。
昨年韓国へ行く前に事前リサーチで「スッカラ」という日本人向けの韓国情報雑誌を読みあさりました。写真の画像が綺麗で、料理からアートまで幅広く韓国を紹介しています。
三年坂のTUTHAYAでも購入可能。
なんとキムさんは、その雑誌の創刊号から2年前まで、編集長だった人です。
「なんだか身近に感じますね!」
とこれから行かれる黒川温泉の話をしていたら、どんどん話が弾み、
「今、マクロビの料理に興味があり、経営しているカフェでもう少しメニューを充実させようかと検討中です。」
と話されました。
不思議なご縁です。「食」で韓国の方とまで繋がりました。
早速、マクロビの昼食を一緒に食べることに。
上通りの並木坂にある、プライベートロッジへ。
f0031420_17203049.jpg

左の方がキムさん。韓国でカフェ&ギャラリーを経営。日本の作家さんも紹介されています。
普段は雑誌のコラムを書いたり、プロデュース業をしたりで多忙なようです。
右の奥の方はカメラマン兼店のマネージャー。真ん中、手前の方は料理をつくっている方。
f0031420_17243967.jpg

料理の美味しさに皆さん喜んでいました。
韓国ではまだ一般に有機野菜やマクロビは知られていなくて、これからどう伝えていくかを模索中だったそうです。
にわか穀菜食人は最近「耳知識」が豊富なので、知っていることは全部伝えました。

韓国にも食とアートの輪が広がりそうです。
今度は私が遊びに行きますので、宜しくお願いしますね。
キムさんは在日韓国人。現在は韓国に住んでいる方で、日本が話せます。なので超スピードで濃厚な会話が出来ました。(ヨカッタ! カムサム二ダ?)
[PR]

by k2kikiya | 2009-10-21 17:27 | 美味しいもの | Comments(0)

<< 家創りへの熱い想い 基礎工事が始まる。 >>