恵みと恐怖   

ここ数日の大雨は恵みを通り越して、恐怖となり、人々を襲っている。
ビルの5階に住んでいる私は床上浸水の心配はない。

阿蘇の土地を買ったので、あの周辺は今どうなっているか心配である。
後は山林。その上は山。
土石流の心配は?

福岡で、観測至上始めての雨量で、街中でも避難勧告が出た地域がある。

田植えの時期は雨を乞い、待っていたのに降らず、梅雨も終わっているはずの7月末に大雨が降り続ける。

やっぱり、地球はおかしくなってきている。

自然災害は自分ひとりの力ではどうしようもない。

これから10年先、20年先の気候はどう変化していくのだろうか?

昨夜はなんだか寝つけず、答えの出ないことを悶々と考えていた。
[PR]

by k2kikiya | 2009-07-26 08:50 | 季節 | Comments(0)

<< 思慮深い 至福の夜 >>