受け入れる強さ   

50歳も過ぎ、人生の後半を歩き出す頃には、周りで「辛口で愛情ある言葉」をかけてくれる人たちが少なくなる。
と言うより、耳ざわりの悪い言葉は排除したくなるのかもしれない。

自分の性格を、他人から指摘されたくない。
と思ってしまい、都合の良いところだけをつまみ食いしたくなる。

でも、最近思うことがある。

私は、これまでどれだけのことをしてきたのだろう?
どれだけのことを知っているのだろう?
これから先、どれだけのことが出来るのだろう?
何をしたいのだろう?
死ぬまでを「活きる・活かされる」時と考えて
何が出来るのだろう?

仕事でも、プライベートでもまだ自分の能力の使い道が分かっていない部分があるとすれば、
「辛口で愛情のある言葉」
をかけてくれる人たちを受け入れる強さを持ちたい。

私自身より、私のことを分かり、考え、指摘してくれる言葉を
ありがたく受け入れ
そして
また新しい自分を開花させていく。

命の水のような存在を大切にしたい。
[PR]

by k2kikiya | 2009-06-25 05:00 | ひと | Comments(0)

<< 今のあなたが好きですか? 経年美 >>